目の疲労

現代人はただでさえ目を酷使する仕事が多いと言われていたのに、
最近の爆発的なパソコンの普及によって更に目を酷使する環境に置かれるようになりました。
眼精疲労に悩む男女は急増し、雇い主も目に優しいパソコン環境の充実を求められています。モニタの位置が高かったり逆に低かったりすると疲れてしまうので
最終的に能率が下がります。また、長時間休みなく目を働かせると疲労が蓄積して頭痛の原因となり、より長い時間の休みが必要になります。そうなると逆に非効率ですから、
雇用主の方でパソコンワーカーの環境を整えてあげる必要があるのです。
ここをコストカットしてしまうと、最初は良いですが、いずれ社員は疲弊し、せっかくコストをかけて育てた社員も他の会社に移ってしまうという事態になります。

Posted by admin in 未分類